成人式のアレコレ

成人式に振袖を着ることは、日本文化として非常に意味が深く、
大切なこととされてきました。
1メートル以上ある長い袂(たもと)には、どういう意味があるかご存じですか。
また、振袖を着る時に気を付けることとはどんなことでしょう。
ご存じの方も、ご家族も、一度こちらで再確認をして
セレモニーへの心構えをしましょう。

振袖のマナー

動き方のコツを知って、もっと振袖美人に

普段、着慣れない振袖での動作は何となくぎこちなくなってしまいがち。でも、長い裾や袂、背中の帯結びなど、洋服とは違う点を押さえておけば安心です。

ちょっとした気配りは動きがスムーズになるだけではなく、振袖姿がいっそう美しく見えます。基本となる立ち居振る舞いのコツを覚えておきましょう。

正座する場合

正座をする場合、膝を曲げる前に、振袖の前裾を持ち上げると、膝から前に余裕ができます。右手で膝下あたりを押さえながら座ると、裾が乱れません。

座っている間は、袖を軽く左右、または後ろに流して両手を膝の上で自然に重ねます。

正座をした状態から立ち上がるときは、両手を膝の上に乗せた状態で、腰を浮かせて両足のかかとを同時に上げてつま先を立てるようにします。

イスに座る場合

ソファーなど、低いイスにかけるときは裾が広がってしまうことがあるため、足が広がらないよう注意しましょう。

また、背もたれがあるイスの場合、深く腰かけると帯の形がつぶれてしまうため、イスの半分くらいのところに腰をかけ、背筋をのばすようにしましょう。袖は床に引きずらないよう、膝の上に重ねて置くようにします。

階段の上り下りの場合

階段の上り下り袖と裾を踏まないように気をつけます。袖は重ねて左にかけ、足首やふくらはぎが丸見えにならない程度に裾を少し持ち上げます。体を斜めにするとより美しく見えます。